掃除>カビを除去する掃除法!

カビはアレルギーの原因にもなります。
また、カビはダニのエサになりますので
そのままにしておくとダニの発生も誘発してしまいます。
ですので、しっかり予防することが大切です。

カビは温度5〜45℃の間で繁殖しますが、
20℃以上、特に28℃前後が最も盛んになります。

湿度は60%以上で繁殖しますが、
80%を超えると一気に増大します。

それに、ホコリや汚れなど、カビの栄養源となるものがあると、
あっという間に繁殖していきます。

カビの予防法は室内では
できるだけ窓を開けて換気をよくすることです。
換気扇があれば回して空気を循環させるようにしてください。

エアコンや除湿機を使って除湿を行うのも効果的です。
高温多湿でカビが発生しやすい浴室も
きちんと掃除しておくとカビは生えません。

カビの栄養素となる石けんカスやアカなどを残さないように
毎日壁などはきれいに洗い流すようにして下さい。
浴室はできるだけ水分を残さないようにするのがポイントです。
浴槽に残ったお湯は流してしまうか、
きちんとフタをするようにしましょう。
その上で換気扇を回すなどして、
できるだけ早く湯気を逃がすようにして下さい。

inserted by FC2 system