掃除>乾燥こそ命!キッチンシンク

キッチンのシンク、水道を使ったり、生ゴミを捨てたり、
なにかと水分がつき易いですよね。
でも濡れたままで放置すると、水分の蒸発に伴って
カルシウムや塩素が曇りの原因や水垢の層を作ってしまいます。
キッチンはそうそう簡単に交換というわけにもいかない部分ですから、
長くきれいに使いたいですよね。

シンクの汚れや水垢などは、スチールウールでこすり磨きをします。
クリームクレンザーを使えば大抵の場合十分なのですが、
水垢の層が厚い場合には、
耐水性のサンドペーパー(1500番ぐらい)で
傷をつけないようにこすってください。
ただし、つや消し加工のものには使用しないでください。
ツヤがでてしまいます。

バスケットや三角コーナーは漬け置き漂白で。
菊割れゴムは、目地ブラシに中性洗剤をつけてこすります。
それでキレイにならなかったら、こちらも漬けてしまいましょう。
15分ほど漬けたらキレイにすすいで完了です。
排水の臭いが気になる場合は、熱湯をかければオーケーです。
熱湯がこびりついた油を溶かして流してくれます。
普段から油はなるべく流さないようにしましょう。

姉妹サイトです】なんと国内旅行が半額で行ける!?
不景気だから格安で行く国内旅行丸分かりガイド!
http://ryokoukokunai.web.fc2.com/

キッチンのカウンタートップは、スポンジに中性洗剤や
クリームクレンザーをつけてこすります。
それでも落ちない黒ずみなどは、50℃ぐらいのお湯にといた
漂白剤をなじませて10分ほど置いておきます。
あとはキレイに拭きあげてください。

なにはともあれ、水垢なんかがたまらないように、
使ったら乾燥させることが楽をするコツです。

inserted by FC2 system