掃除>カルシウム&カビ〜意外と頑固な洗面所

洗面所の汚れの主は、なんといっても
水垢のカルシウム汚れとカビの黒ずみ。

あとは石鹸や歯磨き粉の飛び散りぐらいです。
どれも使用後に水滴と一緒に拭き取っておけばきれいにして置けます。
しかし、これを放置してしまうと、頑固な水垢の層ができてしまいます。

洗面ボウルの頑固な水垢。
汚れが軽いうちは目地ブラシに酸性洗剤をつけてこすればオーケー。
汚れが落ちにくくなったら、耐水性の紙やすり+酸性洗剤で。
1500番ぐらいの目の細かい紙やすりに
酸性洗剤をつけてこすってください。
この時、必ず手袋はしてくださいね。酸性洗剤は直接さわると危険です。
それと、換気はしっかりと。あまり吸い込みたくないものですから。

排水溝につまった髪の毛等は、
やはり市販のパイプ用洗剤が一番手軽で楽ちんです。
排水溝に洗剤を流し込んで、
つけおきしている間に洗面ボウルの掃除をする、
という手順がスムーズですね。

あとは洗面所の鏡。
ここも水垢のカルシウムがたまりやすいところ。
しかしここは紙やすりが使えません。
鏡が映らなくなってしまいますから…
もっとも楽なのは使うたびに拭くことなんですが、
水垢がたまってしまったら、
ひたすらブラシ+酸性洗剤でこすってください。
こればっかりは手抜きはできません。根気よくこすってください。
この時も換気+手袋は忘れずに。
酸素系も塩素系も、強い洗剤を使う時には必ず換気+手袋ですよ。

inserted by FC2 system